ふぉと悟空

毎日が写真展、世界はギャラリー!

石川直樹 写真展「いつでもどこでも写ルンです」

f:id:suguru66:20170824213122j:plain

FUJIFILM SQUARE 開館10周年記念写真展

北極も南極も「写ルンです」だから撮れた!

石川直樹 写真展「いつでもどこでも写ルンです

場所 富士フイルムフォトサロン 東京 スペース1

期間 H29/8/11~8/24

http://fujifilmsquare.jp/index.html

http://fujifilmsquare.jp/detail/1708110123.html

 

久々に参りました。

六本木のミッドタウン。

全くもって嬉しい限り。大感激です。

FUJIFILM SQUAREさんの 開館10周年を記念する、写真展の一つとして、・・・

そう、そう、そう、・・・

「いつでもどこでも写ルンです」を、遠巻きながらに鑑賞させて頂く、今日の私です。

その「写ルンです」も昨年、30周年を迎えたという、長距離選手。

今は、デジタルカメラや、スマホの時代ですが、フィルムカメラならではのテイストを未来に継承する、富士フィルムさんの唯一の鳴り物。

やはり、良い物は続く、・・・

って、ことなんですよね。

ふと、そのようなことを想いながら、石川直樹先生が携行された、「写ルンです」の旅の記録、北極から南極まで、そして、ご自身が担当されているという、福島県のプロジェクトの様子等、楽しく鑑賞させて頂きました。

富士フィルムさん、作家先生の皆様方、いつも誠に有難うございます。

本当に大感謝です。

 

それは、さておき。

因みに、私の場合は、・・・

そう!

何がって?

名作の必要条件とは何か?

って、こってす。

それは、・・・

写真展鑑賞のチェックポイントのことなのです。

勿論、勿論、・・・

いつも私が心に描いている、熱意であります。

 

一つ、ピントが良い事!

一つ、絵柄に合った露出であること!

一つ、主題がはっきりしていること!

一つ、もの珍しいこと!

一つ、動画のような写真であること!

   ※ずっと眺めていても、吸い込まれるようにして、飽きがこないという意味です。

 

そりゃ、もう!

ですよね。

 

“まな板の鯉”にチャレンジし続ける、写真愛好家の共通項、これが“名作の条件”であると、私は信じています。

 

ですから、その上で、・・・

写ルンです」の世界。

なんですよね。

他言は無用!

そりゃ、もう!

ノーコメント!

ですよね。

 

写す人と見る人の心を繋ぐ、「写ルンです」の記録とその可能性に、・・・

私も一意専心、新たな作画に挑戦して参ります!

Love and peace!...♡

 

By ふぉと悟空

 

#石川直樹 #写ルンです #富士フイルムフォトサロン東京 #いつでもどこでも写ルンです